梅雨の時期、被災時での飲食のポイントとして誤っているのはどれ?

答え:B

梅雨の被災時に怖いのが、避難所などでの食中毒。限られた物資の中で、飲み物や食料はできるだけ大切にとっておきたい気持ちになりますが、原則は配布されたらすぐに食べるようにしましょう。
ペットボトル飲料も、口をつけたらその日のうちに飲み切るようにしてください。ジュースやお茶だけではなく、水でも食中毒が起こる可能性があるので、注意が必要です。
食事の際、もし味や匂いに違和感があれば、躊躇せずに処分するというのも大切なポイントになります。
もし食事を配布する側になったときには、配布の前に手洗いをしっかり忘れずに。手洗いに使える水がない場合には、除菌ウェットシートが役に立ちます。防災グッズとしてバッグに入れておくと良いでしょう。

(参考記事)
梅雨時や被災時は食中毒に注意!ペットボトルも?専門家に聞きました

〈執筆者プロフィル〉
nagi
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
梅雨の大雨災害へ備えるポイント!線状降水帯予測も活用して

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS