災害時にないと困るもの11選!事前に揃えて災害に備えよう


写真:PIXTA

災害に直面したときに、必要なものがなくて困ることは避けたいですよね。あらかじめ災害時になくて困りがちなアイテムをチェックして、足りないものがあれば買い足しておきましょう!
あわせて、災害時に必要なかったものや、災害時に売り切れになりやすいアイテムも紹介します。災害用の備蓄を充実させて、被災時の不安を少しでも軽減させましょう。

こちらの記事もおすすめ!→災害発生時にはTwitterが役立つ!注意点なども紹介

災害時なくて困るもの


写真:PIXTA

災害時に「これがあったら良かったのに」となりがちなものを、在宅避難・避難所・赤ちゃんがいる場合の3つの状況に分けて計11アイテム紹介します。「なくて困るもの」は「必須アイテム」ということでもありますね。備蓄する量が足りているかもチェックしましょう。

在宅避難の場合

被災後、家屋に倒壊や浸水などの危険がない場合は、在宅避難が基本になります。在宅避難で、ないと困りがちなアイテムはこちらの4つです。

飲・食料品
すでに非常食や飲料水を備えているという人も、量と賞味期限の確認を忘れずにしておきましょう。

非常食・水は、最低でも3日間、できれば7日間、支援なしで過ごせる備蓄があると安心と言われています。
非常食は1日3食、飲料は一人あたり1日3Lが目安です。家族全員が3日過ごせる量を用意できていますか? 現在の備蓄の量が足りていなければ足しておきます。

簡易トイレ
上水道・下水道が使えなくなった場合、簡易トイレは必ず必要になります。
こちらも最低3日分、できれば7日分の備えが推奨されています。「1人1日当たり5回×3日×家族の人数分」が必要ということで、例えば3人家族なら、5回×3日×3人=45回分になります。

簡易トイレを使った後、ゴミの回収が行われるまで、どこでどのように保管しておくのかまで考えておきたいですね。

懐中電灯
夜間に停電になった際に必須の懐中電灯は、長い時間過ごす場所に置いておくと便利です。寝室や家族が集まるリビングなど、自分ならどこに置いたら便利かも考えて設置しましょう。
電池の残量を定期的に確認するのも忘れずに!

現金
現金を持ち歩かない人も増えていますが、停電が続くとお店でのキャッシュレス決済ができなくなることもあります。災害時用に現金を用意しておけばそんな場合でも買い物ができるので安心です。
一万円札より、千円札や小銭を多めに用意するのがおすすめです。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS