「高潮」と「津波」の違いとは?それぞれの災害に適切な対応策を知ろう


写真:PIXTA

海に関連する災害と言えば「津波」や「高潮」、「高波」などがあります。沿岸部で発生する現象であるという点は共通していますが、メカニズムが異なるため、それぞれの特徴を理解し正しく対策を行うことが大切です。

本記事では、高潮や津波、高波の違いと適切な対応策をまとめています。

こちらの記事もおすすめ!→確認!そばに海がある人向け 津波・高潮・高波対策

「津波」「高潮」「高波」の違いは発生原因

「津波」「高潮」「高波」の違いは発生原因です。それぞれの発生原因を解説します。

津波の発生原因

「津波」は、海底下を震源とする地震が発生した際、地震によって海底のプレートが跳ね上がると同時に海水も跳ね上がることや、海底が隆起・沈降して海面が変化するなどの要因で起こります。

引用:気象庁「津波について

2011年に大津波をもたらした東日本大震災では三陸沖(太平洋)を震源とするM9.0の地震、1993年に大津波をもたらした北海道南西沖地震では北海道南西部(日本海)を震源とするM7.8の地震で大きな津波が発生しています。

このように、津波は「大きな地震」と「震源が海底」などの条件が揃った場合に、海底地盤の隆起や沈降、海底の地滑りなどが発生し、その周辺の海水が上下に変動することで発生する災害です。また、地震が大きいほど地盤の隆起や沈降、地滑りの規模も大きくなり、海水の上下運動も大きくなります。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS