在宅避難したほうがいい場合って? 判断する際のポイント

在宅避難で備えるポイント

在宅避難では、避難所のように飲料水や非常食がすぐに手に入るとは限りません。日ごろから備蓄品を備えておきましょう。

自宅が被災しなくても、ライフラインが止まって電気やガス、水などが確保できなくなるケースを想定し、備蓄しておきましょう。

下記に在宅避難で用意しておきたい備蓄品をまとめています。

他にも日常生活で必要なものがある場合は、家族と相談して備えておきましょう。

〈執筆者プロフィル〉
田頭 孝志
防災アドバイザー/気象予報士
田頭気象予報士事務所。愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数、防災マニュアルの作成に参画。

<関連する記事はこちら>
地震への備え!負担や感染リスク少ない「在宅避難」に必要なもの

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS