首都直下地震の危険地域ランキング|危険度を見分ける方法や対策は?

写真:PIXTA

地震調査研究推進本部地震調査委員会によると、M(マグニチュード)7程度の「首都直下地震」が今後30年以内(2020年1月24日時点)に70%の確率で発生するといわれています。
首都直下地震が発生した場合、「自分の住んでいる場所では、どれくらいの被害を受ける可能性があるのか」を知りたい方も多いのではないでしょうか。
東京都では、首都直下地震が発生したときの建物倒壊危険度や火災危険度などを市町村ごとに示しています。首都直下地震によるリスクを知るためにも、危険地域を把握しておきましょう。
この記事では、首都直下地震における危険度が高い市町村や危険度を判断する方法、対策などを紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→首都直下地震の被害想定!都心南部震源で区部震度7か6割6強

区市町村危険度ランキング

下の表は、東京都で地震が発生したときの危険地域をランキングにしたものです。まずはご覧ください。
出典:東京都都市整備局「地震に関する地域危険度測定調査」

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS