ライフステージ別に解説! 女性に必要な防災グッズ

写真:PIXTA

避難所での悩みやその対応策も紹介

防災グッズを揃えるにあたって、個人の特性を考慮することがとても重要です。持病の有無や年代、個人の好みはもちろん、性別も重要な要素です。今回は、女性だからこそ必要になる防災グッズをまとめて紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→ワークマンで発見 高機能・低価格な防災グッズ5点をレポート

生理用品、妊娠時・育児中に必要なアイテム、衛生用品やスキンケアグッズ、セキュリティグッズといった、女性だからこそ、そして女性に特に必要になるアイテムをカテゴリー別で紹介します。

生理用品

生理(月経)のある方や、初潮を控える子どもがいる場合は、生理用品の備えが必須です。

・使い捨てナプキン(1サイクル分~)
・生理用ショーツ
・鎮痛薬
・中身の見えないゴミ袋
・ポーチ

被災時は特にストレスが強くかかり生理不順になることも。1サイクルで必要になる分の生理用品は最低限備えておくとよいでしょう。生理用ナプキンは救援物資に含まれていることも多いものの、個人の好みもあるアイテムです。決まった製品がある場合は1サイクルよりも多めに用意しておくと安心です。

吸水ショーツや布ナプキン、月経カップなど洗って繰り返し使用できるアイテムは、被災した際に洗って干すことや清潔に保つことが難しいかもしれません。被災用に備えるのであれば、使い捨てのアイテムがおすすめです。

ナプキンと一緒に生理用ショーツや痛み止めも用意しておきましょう。使用済みナプキンを捨てる時に中身の見えないゴミ袋があるとより安心です。また、生理用品を持ち歩くときにポーチがあると人目が気にならず便利です。

詳しくは、防災ニッポンのこちらの記事でも紹介しています。
非常時の「生理」への備え大切です。ポイントをまとめました

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS