冬は降雪による路面の変化に注意! 活用したい情報を紹介

写真:PIXTA

冬の路面は、突然の降雪によってコンディションが変わり、事故や立ち往生に巻き込まれることがあります。大規模な立ち往生に巻き込まれると復旧するまでに数日を要する場合もあるため、雪が予想される道路を走行する際には事前の備えも大切です。

また、雪道に慣れていない人だけでなく、慣れている人でもトラブルに巻き込まれる可能性があります。この記事では、降雪による路面の変化で起こることや、雪の状態を知るために活用したい情報を紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→前もって準備!大雪に備える行動&持ち物チェックリスト

冬は突然の降雪と積雪で道路のコンディションが変わりやすい

冬の道路の状況は、突然の降雪や積雪によって変わります。例えば、1時間に3cmを超えるような強い雪が降ると、一瞬で銀世界に変わることもあります。また冬の天気は変わりやすいため、晴れ間があっても急に空が暗くなり大雪になることも珍しくありません。

一方で、降雪がなくても雪が残っていると、道路がアイスバーンになっていたり、強風で地吹雪が発生したりして視界が悪くなるケースもあります。雪が予想されているときや雪が多い地域を車で走行する際は、突然の降雪や積雪に注意が必要です。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS