実際に役立った防災グッズ!経験者が詳しく解説

写真:PIXTA

あらかじめ防災グッズを色々と準備しておいても、被災した時には、本当に役立つアイテムと、必要なかったかも…と思うアイテムが出てきてしまうもの。どうせ防災グッズを用意するなら、役立つアイテムを揃えたいですよね。

そこで、今回は被災者の方に聞いた「実際に役立った防災グッズ」を12種類紹介します。実際の経験談を参考に、防災グッズを充実させましょう。

こちらの記事もおすすめ!→地震の備えに最低限必要なもの!防災グッズや避難行動について解説

実際に役立った防災グッズ一覧

今回は、実際に災害を経験した人に、実際にこれは役立った!というアイテムを紹介してもらいました。

話を伺ったのは、Aさん(東日本大震災で液状化現象が起きた地域で被災。数週間、電気以外のライフラインがストップ。また、2018年の旅行時に北海道胆振東部地震にあい、友人宅に避難した経験あり)とBさん(東日本大震災の際に東北地方で被災。3日間避難所で生活)です。

話を聞く中で名前が挙がったアイテムは以下の12種類です。

・スマホの充電器
・カセットコンロ
・実際に食べておいしさがわかっている非常食
・現金
・懐中電灯
・ブルーシート
・アルミシート
・トランプなどの遊び道具
・耳栓・アイマスクなどの安眠グッズ
・防臭機能付きの簡易トイレ
・ゴミ袋
・ほうき、ちりとり

それぞれのアイテムについて詳しく紹介します。

スマホの充電器

スマホの充電器は今や必須の備えですよね。スマホは連絡や情報収集の手段として、また、精神の安定のためにも大事なアイテムです。Aさんによると、東日本大震災当時、携帯電話の電池式充電器はすぐに店頭からなくなったそう。

外出中に被災して家族と連絡が取れないのはとても不安です。外出時もスマホの充電器は持ち歩くようにしたいところです。モバイルバッテリーと一緒に充電ケーブルも用意し、モバイルバッテリーの充電も忘れずにしておきましょう。

カセットコンロ

Aさんに聞くと、一軒一軒安全確認をしてからガスの復旧をしていくので、使えるようになるまで4週間ほどがかかったそう。

Aさん:「被災当時カセットボンベを数本しか持っておらず、親戚に送ってもらったりしました。ネット通販では値段がつり上がり、近隣のスーパーでも品切れになって手に入れるのに苦労しました。電気は使えたので電子レンジや湯沸かしポットを使えましたが、電気も使えない状況なら、さらにカセットボンベが多く必要になったと思います」

温かい食べ物や飲み物はそれだけでもホッとできるもの。在宅避難の場合は、缶詰やアルファ米などの非常食だけではなく、冷蔵庫などに残った食材を活用してカセットコンロで調理することもできます。

カセットコンロに加えて、カセットボンベも十分な量を用意しておくと安心です。
カセットコンロとカセットボンベは使用期限があるので、防災グッズとして備える際は期限にも注意しましょう。

使用期限については防災ニッポンのこちらの記事で詳しく紹介しています。
「カセットコンロ・カセットボンベにも寿命がある!買い替え時期と正しい使い方」

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS