雷日数が増えている?その原因と注意すべきポイントを紹介

 

写真:PIXTA

近年、雷日数が増えていることをご存知でしょうか。雷日数には地域差があり、特に日本海側においては年間の雷日数が増加傾向にあります。雷は停電の原因になったりするほか、人命にも影響を及ぼす恐ろしい現象です。

この記事では、雷日数が増えている理由や屋内・屋外での注意点、対策などを紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→知らないと危ない!雷の怖さと備えるポイント

雷とは発達した積乱雲による放電現象

雷は発達した積乱雲によってもたらされる放電現象の一つです。積乱雲の雲の高さは4km~10kmにもおよびます。高度が高くなるほど気温が下がることから、雲の上部にはあられや氷晶(小さい氷のつぶ)が多く発生します。

さらに雲の中では空気が激しく動いており、あられや氷晶が激しくぶつかることによって静電気がたまっていきます。

やがて軽い氷晶は雲の上部、重たいあられは雲の下部にわかれるようになり、雲の上にはプラスの静電気、雲の下にはマイナスの静電気がわかれてたまるようになります。

また、地表付近は雲の下のマイナスの静電気に引き寄せられてプラスの静電気が集まります。

このように静電気が大量にたまってくると、空気中に蓄えることができなくなり、プラスとマイナスの間に電気の通り道ができて雷が起こるというわけです。

引用:https://www.jma-net.go.jp/sendai/knowledge/kyouiku/yoho/ts.pdf

雷日数の変化

太平洋側よりの内陸に位置する宇都宮と、日本海側に位置する金沢の雷日数を月別で見てみましょう。

引用:気象庁「月別の雷日数」

宇都宮では夏に雷が集中し冬に雷がほとんど発生していませんが、日本海側に位置する金沢では冬に雷が多く発生しています。

冬の雷をもたらす雪雲は日本海で発生し、冷たい北風~西風で日本海側に運ばれます。しかし、雪雲の背が低いことから山地を超えることができず、太平洋側には雲が届かないため、冬の太平洋側ではほとんど雷が発生しません。

上記を踏まえて、1970年から2023年までの雷日数の変化を紹介します。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS