焼き麩でもちっとボリューム満点!ヘルシーでお腹いっぱいのおかずレシピ

たんぱく質豊富で低カロリーな「お麩」

日本食の歴史の中で古くから食べられている「お麩」。皆さんは普段どうやって食べることが多いでしょうか?お味噌汁に入れる以外に思いつかない方も多いかもしれません。

「車麩」や「油麩」「手毬麩」など、地方によってさまざまな見た目や作り方の「お麩」があり、たんぱく質が豊富で低カロリー、さっぱりとした味わいなどの特徴があり、近年ダイエット食品としても注目されています。

中でも「焼き麩」は乾物で日持ちがして安価、防災を意識したストック食材としても優秀です。今回はこの「焼き麩」を使って、ボリュームがありメインのおかずにもなる3品をご紹介します!

こちらの記事もおすすめ!→お麩が主役級のおかずに変身!車麩でから揚げ&冬のポトフ

焼き麩の歴史

お麩はグルテンに小麦粉を混ぜて形成した食べ物です。
元々は中国から伝わった高級食品でしたが、精進料理における貴重なたんぱく源として重宝され、江戸時代には一般庶民にも広がりました。
小麦粉を練って水で洗い、残った粘り気であるでんぷんに餅粉を混ぜ、蒸したりゆでたりした「生麩」から、でんぷんに小麦粉を混ぜて焼き上げることで長期保存を可能にした「焼き麩」や「油麩」といった種類が生まれ、今では、汁物に入れるのはもちろん、各地方で、いため物やすきやきなど様々な食べ方がされています。

「焼き麩」の基本的な使い方は、水に戻してしっかりとしぼってから味や水分を含ませていきます。戻し時間は10分程度です。
味噌汁や鍋の具にするなら、乾燥したまま汁に加えてしまってもOKです。
ただし、沸騰していたり、とろみがあったりするものにそのまま加えると硬くなることがあるので、そういう場合には戻してから使うようにしましょう。

焼き麩自体にはほとんど味がなく、水分や調味料をたっぷり吸い込むので、卵液や出し汁にひたしてからいためたり、味がしっかりとついた煮物に加えたりする使い方が向いています。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS