米・パンに次ぐ第3の選択肢!?麺類の非常食

非常食として定番のアルファ米、避難所での援助物資としても多く食べられるパン。その陰に隠れがちな麺類ですが、実は麺類の非常食も色々な種類が販売されています。
今回はパスタやうどん、お湯で戻すものから湯煎で食べられるものまで実際に作って食べてみます。今まで食べてきた中で一番おいしいと思える非常食に出会えました。

こちらの記事もおすすめ!→アルファ米じゃなくて「フリーズドライごはん」! 食べ比べてみました

お湯・水で戻して食べるショートパスタ

こちらは麺の非常食としては一番よく見かける、ショートパスタと粉状のソースをお湯で戻して食べるタイプ。
2つのメーカーのものを用意しました。
1つはサタケ「マジックパスタ」、もう1つはS.I.O.ジャパン「その場deパスタ」です。

どちらもパッケージは同様の形状で、作り方もほぼ同じです。封を切ってスプーンと脱酸素剤を取り出し、お湯または水を内側の線まで(150ml)注ぎ、良く混ぜてジッパーを閉じます。

お湯の場合は3分、水の場合は20分待てば食べられる状態になります。「その場deパスタ」の場合は粉末スープが小袋に入っているのでお湯を入れる前にスープを容器に入れます。
パッケージをそのまま食器としても使えます。パッケージ・作り方共にアルファ米とそっくりです。

「マジックパスタ」から試してみます。ハンズで432円(税込み)で購入しました。味はペペロンチーノ、きのこのパスタ(デミグラス風味)、カルボナーラの3種があります。今回購入したのはカルボナーラ味です。賞味期限は製造から5年です。

パスタはネジネジしたフジッリに近い形で「もっちりとした食感と品質にこだわった、国内製造されたアルファ化加工のパスタ」とのこと。スープはキューブ状になっていました。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS