ヒートアイランドで都市の乾燥化が止まらない!どうすればいい?

ヒートアイランドによる都市部の乾燥化と暑さの関係

引用:気象庁「平均相対湿度の長期変化傾向」
13地点:網走、根室、寿都、山形、石巻、伏木、銚子、境、浜田、彦根、多度津、名瀬、石垣島

上の図は、ヒートアイランドが進んでいる大都市6地点と、都市化の影響が比較的小さいとみられている13地点の、平均の都市化率と平均相対湿度の変化を表しており、各都市においてこの100年間でどれくらい相対湿度が下がっているか、つまり乾燥化が進んでいるかを季節ごとにまとめたものです。

都市化率が低い13地点の平均に比べ、都市化率が高い大都市ほど湿度の低下率も高いことがわかります。

都市化率とは、観測地点の半径7kmの円内が「建物用地・道路・鉄道」などの人工被覆でどのくらい覆われているかを%で表したものです。

図を見てもわかるように、特に都市化することで、春や冬の乾燥化が進んでいることがわかります。

季節ごとに見た場合、ほかの季節に比べて夏の湿度低下はゆるやかです。6月~7月は梅雨で雨の日が多く、ヒートアイランドによる湿度の低下が起こりにくいことが理由であると考えられます。

引用:気象庁「大都市及び都市化の影響が比較的小さいとみられる13地点平均の月平均相対湿度の長期変化傾向」

ただし、梅雨明け後の8月を見ると湿度の低下率が大きくなっていることからもわかるように、夏(特に8月)も都市部を中心に乾燥化が進んでいるといえるでしょう。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS