猛暑時の停電は熱中症リスクが高まる!備えのポイントはここ

夏の停電に備えて用意しておきたい防災グッズ

夏の停電に備えて用意しておきたい防災グッズを以下にまとめました。

冷却タオルとは、冷たさを感じられるタオルのことで、首に巻いたりして体を冷やせます。内蔵された保冷剤を凍らせて使用するタイプのほか、濡らして使用するタイプ、特殊な繊維による接触冷感タイプがあります。

保冷バッグは、アウトドアメーカーや釣り具メーカーのものが保冷力に優れていておすすめです。停電時に保冷バッグをすぐに使うためにも、冷凍庫に2Lのペットボトルを1本凍らせておくと便利です。ペットボトルなので水が漏れることなくクーラーの中を冷やせます。
溶けたら飲み水として使うこともできます。

また、ポータルブル電源は、電力量が1,000 Wh以上あるものを備えておくと、冷蔵庫や扇風機などさまざまな生活家電を使うことができます。
カセットボンベやガソリンで動く自家発電機なら1,000Wh以上のものが多いです。繰り返し使うことができる車のシガーソケットや太陽光などで充電できるポータルブル電源もあると便利です。

こちらの記事もおすすめ!→停電!懐中電灯を探す以外ですべきこと・できること

夏の停電で命を守ることができるかどうかは事前の備えにかかっています。電気が使えなくなったことをイメージし、何が必要になるのか改めて考えてみることをおすすめします。その上で今すぐに備えることができるものがあれば早めに用意しておきましょう。

〈執筆者プロフィル〉
田頭 孝志
防災アドバイザー/気象予報士
田頭気象予報士事務所。愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数、防災マニュアルの作成に参画。

<関連する記事はこちら>
夜の地震で大規模停電(前編)家や家族に何が起きる?

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS