雨への備え。見るべき雨量の指標と大雨警報などの注意点

雨量に関する気象情報(アメダス、雨雲レーダーなど)

実際の降水量や予想される降水量は、アメダスや雨雲レーダーから知ることができます。

まずは、実際の降水量がわかるアメダスについて解説します。

画像引用:気象庁「アメダス」(2022年9月1日17時分)

上の画像は気象庁のアメダスによるものです。アメダスとは、雨・風・雪などの気象状況を時間的・地域的に細かく監視するために、降水量・風向・風速・気温・湿度などの観測を自動的に行っている地域気象観測システムです。
観測所は全国に1,300か所以上もあり、リアルタイムに気象状況がわかります。

気象庁のアメダスでは、「10分降水量」、「1時間降水量」、「3時間降水量」、「24時間降水量」のデータが公開されています。見方としては、「2022年9月1日17:00の前1時間降水量が34.5mm」だった場合は、16時から17時の間に34.5mmの雨が降ったことになります。

続いて雨雲レーダーです。

画像引用:気象庁「ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)」(2022年9月1日17時45分分)

雨雲レーダー(気象レーダー)は、アンテナを回転させながら電波(マイクロ波)を発射し、半径数百kmの広範囲内に存在する雨や雪を観測するものです。 気象庁のホームページでは、観測結果をもとに、現在の雨雲の状況を、降水の強度で色分けして地図上に表しています。たとえば、赤色は1時間に50~80mmの雨を降らせる雨雲、紫色は1時間に80mm以上の雨を降らせる雨雲を示しています。

気象庁の雨雲レーダーは5分ごとに更新されて1時間後の雨雲予想が公開されています。見方としては、同じ地点に赤色の雨雲が1時間かかり続けた場合は50~80mmの雨が降ることになります。

赤色の雨雲が30分かかり続け、それ以外は雨雲がかからないなら、25mm~40mmの雨が降ることになります。

アメダスと雨雲レーダーを使うことで、今とこれからの雨の状況を把握・予測することができます。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS