旭化成ホームズに聞いた「在宅避難」の3つのポイント

(1)その土地が安全であること

まずは、土地そのものの安全性です。災害時には、そこにいると危ないかどうかも判断しなければなりません。
そのための判断の役に立つのが、過去のデータから自分の家に想定される災害がわかる「ハザードマップ」や、洪水害の現状の危険度がわかる「キキクル」などのデータです。

国土交通省「重ねるハザードマップ」を使って自宅周辺にどんな種類の災害のリスクがあるのかを事前に確認しておくことで、災害時にすぐに避難すべきか、自宅にとどまるべきかを想定することができます。
ハザードマップについて、詳しくは過去の記事をご覧ください。
やってみよう!スマホでハザードマップを確認する

さらに、災害時には洪水害予測・河川氾濫リアルタイム情報を確認することができる「キキクル」などで対策を練りましょう。
キキクルについて、詳しくは過去の記事をご覧ください。
キキクルならリアルタイムでわかる!見方と防災につなげるコツ

こうしたデータを参考に避難が必要と判断したら、市町村内の避難指示が出る前に避難を開始することも選択肢のひとつです。津波や洪水、火砕流など状況によっては「危険を感じてから逃げる」のでは間に合わないことがあります。移動するタイミングが早ければ早いほど、避難する場所や方法にはさまざまな手段が残されています。「まだ近所の人は逃げていないし……」と周囲を見て決めるのではなく、避難情報やハザードマップなどを参考に、自分が避難するタイミングを決めましょう。

その家が安全であること

そもそも「避難」とは「難を知り、避ける」ことが原則。場合によっては一度避難をしたのちに、自宅へ戻り在宅避難をするという状況もあり得ます。避難所などに一時避難した場合も、その後安全であることが確認できたら自宅に戻り、在宅避難をすることも検討してみましょう。
そのとき注意が必要なのが「その家が安全かどうか」です。
家自体の耐久性や耐震性を把握しておくことで、「一時避難のあと、安全性が確認できたら戻る」という選択肢をとることができます。

その部屋が安全であること

部屋が安全かどうかについては、地震の際、置いている家具がどのような危険をはらんでいるのか想定しておくことも大切です。「倒れなさそう」だと思っていても、家具が水平に移動したり、時には壁をぶち破って隣の部屋にまで移動してしまったりすることもあります。また、倒れた家具がドアを塞ぎ、逃げられなくなってしまうことも。

そこで、事前に家具の置き方を工夫したり、縦揺れにも強いネジで止めるタイプの金具を使用し家具を固定したりしておくことが重要です。さらに、棚などの扉が観音開きの場合、地震を感知して自動的に扉を開かなくする耐震ラッチがあると、収納されたものの落下を防ぐことができます。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS