非常時に役立つ保冷剤の活用法!冬はカイロとして使えます

保冷剤カイロの実力検証

ケーキを買ったときにもらうような小さい保冷剤(9.5cm×6.5cm)と、大きめの保冷剤(17cm×11cm)を用意して、温かさがどのくらい持続するのか検証してみます。

まずは2つの保冷剤を常温に戻し、45℃程度のお湯に10分入れておきました(その間、45℃±2℃を保っています)。すると、2つとも41℃ほどに温まりました。

室温22℃の室内にタオルに挟んだ状態で放置し、10分後から5分ごとに温度を計測していきます。

開始時…大:41.5℃、小:41.2℃

10分後…大:37.6℃、小:36.1℃

15分後…大:37.1℃、小:34.1℃

20分後…大:36.0℃、小:32.0℃

25分後…大:35.5℃、小:31.0℃

30分後…大:34.5℃、小:30.8℃

小さい保冷剤は15分後に体温以下の34℃まで下がり、温かさを感じなくなりました。大きい保冷剤は30分後に34℃まで下がりました。

使い捨てカイロは40℃以上を12時間保つものもあるので、それと比べると温かさは劣ります。真冬に屋外で使うには力不足ですが、少し肌寒い家の中で繰り返し使うという場合には、十分使えると思いました。
大きい保冷剤を首や肩のあたりにあてていると、じんわりと温かくて気持ち良かったです。なにより不用品をリユースできて、かつ繰り返し使えるのがエコでいいですよね。

こちらの記事もおすすめ!→寒い時期の避難に。新聞紙やペットボトルを使って温まる方法を試しました!

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS