非常時に役立つ保冷剤の活用法!冬はカイロとして使えます

ペットボトルもカイロ代わりに使えます

ペットボトルにぬるま湯を入れてカイロ代わりに使う方法は、以前防災ニッポンでも紹介しました。こちらの記事で詳しく解説しています。

寒い時期の避難に。新聞紙やペットボトルを使って温まる方法を試しました!

ペットボトルと違って保冷剤のカイロはコンパクト。洋服のポケットに入れるのも簡単なので、身体を温めながら動きたい人には保冷剤のほうが使いやすそうです。

保冷剤は非常時にも力を発揮!捨てないでとっておこう

保冷剤は停電してしまった際にもかなり役立ちます。
こちらの記事でも紹介しましたが、凍った保冷剤を冷蔵庫に移動させると、停電時に冷蔵庫の冷たさを持続させることができます。
停電時に冷蔵庫を最大限活用する方法といまできる備え

また、冷凍庫はパンパンにものを入れたほうが効率よく食品を冷やすことができます。余った保冷剤があれば冷凍庫の隙間に詰めておくと、電気代の節約にもなるし、いざ停電になったらすぐに冷蔵庫に移すことができるので便利です。
冬は保冷剤を使う機会がほぼないと思い込んでいましたが、季節を問わず使える便利なアイテムですね。これからは捨てないで活用しようと思います。

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
災害発生時にコンビニで買いたい防災グッズ

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS