大地震や津波の最悪想定は「冬の深夜」!危険な理由とリスク減対策

冬の深夜に大きな被害が予想される理由

冬の深夜に想定の死者数が増える理由として積雪と寒さがあります。

積雪で被害が大きくなる理由は、雪で津波に巻き込まれるリスクが高まるためです。積雪があると、積雪していない時に比べて避難に時間がかかります。さらに夜間になると、暗くて積雪の状態が把握しにくかったり、気温の低下で路面が凍結していたりする恐れがあります。余計に避難する時間がかかってしまうというわけです。

ちなみに、内閣府のワーキンググループによると、積雪がない状態での徒歩による避難速度が時速2.24kmであるのに対し、積雪時は時速1.79km、豪雪時1.08km、凍結時1.61kmとなっています。津波は一刻も早い避難が必要になるため、積雪による避難の遅れが命取りになります。
出典:内閣府「被害想定⼿法について(第1回ワーキンググループでのご意⾒を踏まえた⼿法の検討)」

また寒さも被害を拡大させる原因となります。高台に避難することができても、屋外だと低体温症によって命を落とすリスクが高まります。温暖なイメージがある四国や九州でも、冬の深夜となると気温は0℃前後まで下がります。このように、エリアに関係なく冬の寒さは危険なのです。

そのほか、冬は火を取り扱う機会が多いことや空気が乾燥しているため、地震によって火災が広範囲に広がることで被害の拡大が予想されます。

冬の災害で特に注意が必要なエリア

冬の地震や津波災害などで、特に注意が必要になるのは積雪が多いエリアです。特に豪雪になりやすい山陰、北陸、東北、北海道の海沿いは、避難に時間がかかるため津波から逃げ遅れてしまう可能性が高くなります。

また避難所までの道が傾斜部になっている場所も避難が遅れる傾向にあります。内閣府のワーキンググループによる被害想定では、平野部の避難速度が時速2.51kmであるのに対し、傾斜部の避難速度が1.59kmになっています。
出典:内閣府「被害想定⼿法について(第1回ワーキンググループでのご意⾒を踏まえた⼿法の検討)」

もちろん傾斜があるということは、それだけ津波の影響が少ない高い場所に早く行けることにもなりますが、路面が積雪や凍結している状態で坂をのぼるのは転倒リスクも高く、雪道に慣れている人でも簡単ではありません。
以上のようなリスクを踏まえ、どう対処したらいいのかを見ていきましょう。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS