春一番で起こりうる気象災害として、誤っているものはどれ?

答え:A

春一番で起こりうる気象災害として挙げられるのは、「暴風」「高波」そして「雪崩」です。

春一番では、とても強い南風が吹きます。歩けないほどの強さの風が吹くこともあるので、安全のためになるべく外出は控えたほうが良いでしょう。
風で物が飛ばされると、ケガや事故につながる恐れがあるので、普段からリスクのあるものは屋外に置かないようにしましょう。飛来物が停電の原因にもなってしまいます。
また、強い南風は高波を引き起こすので、海では十分注意してください。

春一番では突然気温が上がるため、雪どけが始まり雪崩が起こる場合もあります。雪のある場所でのレジャーは、慎重に時期を検討してくださいね。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
2月に気をつけたい防災キーワード「春一番」!

〈執筆者プロフィル〉
nagi
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
【気象予報士が解説】「南岸低気圧」の仕組みと防災のポイント

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS