定番ストック食材・ツナ缶の春野菜いっぱいサラダ&春巻き

スパイスの香りでいくらでも進む春巻き

次は、カレーの風味とスパイスのアクセントがクセになる春巻きです。出来上がりは、ソースやからしをつけて食べるのもおすすめ。また、今回は春巻きにしましたが、具材はコロッケにも活用できますよ。

新ジャガとツナのスパイス春巻き

<材料>(8本分)
新ジャガイモ…中1個(150g)
新タマネギ…1/2個(100g)
ツナ缶…1缶
春巻きの皮…10枚
しょうが(すりおろし)…小さじ1
バター…15g
塩…適量
カレー粉…小さじ1
ブラックペッパー…適量
クミンシード…小さじ1/2
揚げ油…適量
小麦粉…大さじ1

<つくりかた>
①新ジャガイモは皮をよく洗い、4等分にしてゆでる。ゆであがったら、皮を手でむき、潰す。タマネギは粗めのみじん切りにする。

②フライパンにバターとタマネギ、しょうがを入れ、塩・こしょう(分量外)をしてさっといためる。

③潰したジャガイモ、ツナ缶を汁ごと、カレー粉とブラックペッパーを加えて水分を飛ばすようにいためる。最後に塩で味をつける。

④小麦粉を水少々(分量外)で溶いてのりを作る。

⑤春巻きの皮(四角形)を対角線上に切って2等分にし、三角形の皮をつくる。

⑥ ⑤の三角形の皮の長辺の部分が手前に来るように置き、下から1cm上に横長に具をのせる。具は30gくらいが目安。具を包むように皮の左右を折り、手前から奥にきつめにきゅっと巻く。巻き終わりはのりでとめる。

⑦ ⑤でつくったもう半分の春巻きの皮の上に一つまみのクミンシードをのせ、上に⑥をのせ、⑥と同じ巻き方で2重に巻き、のりでとめる。こちらはふんわりと巻きます。

⑧フライパンに2センチ程度の油を入れ160度に熱して春巻きを揚げる。中の具には火が通っているので、こんがり焼き色が付くまで揚げて完成。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS