南海トラフでも要注意!建物の高層ほど揺れる「長周期地震動」の対策

地震の揺れ「P波」と「S波」とは

地震の揺れにはP波(縦波)とS波(横波)の2種類があります。
P波は、地震が発生してから最初に各地点に伝わる小規模の地震動(初期微動と言います)を伝える波のことです。
P波のあとに発生する大きな地震がS波です。
P波の伝わる速度は5~7km/s、S波の伝わる速度は3~4km/sで、S波の方が伝わる速度が遅い特徴があります。
ちなみにP波とS波の伝わる時間差を利用したものが「緊急地震速報」です。

また、P波は「縦波」、S波は「横波」とも呼ばれますが、これは地震の縦揺れ・横揺れとは別のものです。
必ずしもP波のときに縦揺れ、S波のときに横揺れが発生するわけではありません。
縦波・横波は、上下方向ではなく進行方向に対する揺れを表わしています。

地震のタイプ「海溝型地震」と「活断層による地震」

縦揺れ・横揺れになるかどうかは、地震のタイプで傾向が異なります。地震のタイプとは、プレートとプレートの境界で起こる「海溝型地震」と、断層がずれることによって引き起こされる「活断層による地震」の2つのタイプのことです。
南海トラフ地震のような海溝型地震では大きな横揺れが発生しやすいのに対して、直下型地震のように震源が真下に来やすい活断層地震では、突き上げるような縦揺れになる場合が多いです。

南海トラフ地震においては、横揺れが2~3分以上続くと想定されています。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS