【京都大防災研から】台風の強風対策は進路予想を活用して接近前に!

住宅被害の大半は屋根・壁・開口部

住宅の強風被害の大半は屋根や壁、開口部で起こります。風の圧力により瓦や外壁材が飛ばされ、さらに、飛ばされた物が衝突して被害が広がります。これに対抗するため、「物が飛ばされないようにする」「飛来物から守る」という二つの対策が重要となります。

写真説明:2019年の台風15号が上陸した千葉県内では多くの住宅の屋根が破損しブルーシートによる応急処置が施された(2019年9月、千葉県鋸南町で)

防災対策のポイント

風が強まる前に、瓦や外壁などに異常がないか、見える範囲で確認してみましょう。10年に1度くらいは、工務店などに頼んでそれらの劣化具合をチェックしてもらうことも有効です。窓ガラスは雨戸やシャッター、板で覆い、割れても破片が飛び散らないよう合わせガラスにしたり、粘着テープを貼ったり=イラスト=すればより安全です。

このように台風が来る前に防備を完了すれば、被害の大半は防ぐことができます。地球温暖化の影響で、日本周辺では強い台風が襲来する頻度が増えると予想されています。事前準備がより肝心となります。

写真説明:丸山敬教授(耐風構造・風工学)

(読売新聞 2023年6月26日掲載)

※京都大学防災研究所のHPはこちらです。

<関連する記事はこちら>
活用しよう台風情報!見るべきは進路予報と暴風域に入る確率

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS