骨折は新聞やレジ袋で固定!身近なものを使った応急処置

神戸市のNPO法人が啓発

1995年の阪神大震災では、至るところでけが人が相次いだが、救助を要請しても救急車がすぐに到着できなかったり、医療機関が混雑して必要な処置が受けられなかったりした。今後起こりうる大規模災害時でも、同様の事態に陥ることが懸念され、身の回りの生活用品などを活用した応急処置法を学んでおくことが、大切な人の命を救うことにつながる。
参考にしてもらおうと、内閣府のウェブサイトには、神戸市のNPO法人「プラス・アーツ」が啓発している、傷口を圧迫して止血する方法と、骨折の手当ての方法が紹介されている。

こちらの記事もおすすめ!→意外と難しい!けがの応急処置 実践リポート

止血は感染防止に気を付ける

圧迫止血法は、切り傷などで出血した場合に有効だ。感染防止のためにポリ袋で覆った手で、きれいなハンカチやタオルなどの布を傷口に当てて強く押さえる。血が止まるまで布を重ねていき、止まったら細長くしたハンカチやネクタイなどで布ごと傷口を縛って固定する。

説明:圧迫止血法の手当に必要なもの

動脈からの出血は10分以上圧迫する

止血する時間は、静脈からの出血であれば5~10分、動脈からであれば10分以上が目安だ。けが人を座らせるなどし、傷口を心臓より高い位置にすることで、血が止まりやすくなるという。同法人の永田宏和理事長は「血が止まったかどうか確かめるために傷に当てた布を動かすと、傷口が開くことがあるので布への血のにじみ具合で止血を判断するとよい」と話す。


説明:圧迫止血法のやり方

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS