[警視庁災害対策課のマメ知識]マニキュアでマッチを防水

警視庁災害対策課のX(旧ツイッター、@MPD_bousai)から、災害時に役立つマメ知識を紹介します。今回は、マニキュアを使った防水マッチの作り方です。

写真説明:マッチは浮かせて乾かす=警視庁提供

公式X(旧ツイッター)から…防水マッチの作り方

こちらの記事もおすすめ!→【警視庁災害対策課のマメ知識】10円玉で菓子袋をカンタン開封!

100円ショップでマニキュアを入手

以前に理髪店でもらったマッチが棚でほこりをかぶっていたので、防水マッチを作ってみることにしました。いくつか作り方はありますが、今回はマニキュアを使った作り方で挑戦。材料は100円ショップで手に入り、簡単に作ることが出来ました。これで先端部分がちょっと水ぬれしても安心です。

写真説明:マッチにマニキュアをつける〔上〕→マッチは浮かせて乾かす〔下〕=いずれも警視庁提供

マニキュアは、ラメを含まないものを使います。ラメが入っていると、着火の際にはじける恐れがあるそうです。マッチの長さ半分程度をマニキュアに浸し、瓶の縁などを使って余分なマニキュアを落とします。マッチの形が分かる程度の薄さがよいそうです。マニキュアが他のものにくっつかないように、マッチは浮かせて乾かします。
普通のマッチと同じように使えますが、問題なく火が付くか事前に1、2本試しておくと安心です。密閉袋に入れて非常用持ち出し袋に備えておけば、避難中に荷物がぬれても使うことができます。

〔読売新聞 2024年1月26日掲載〕

<関連する記事はこちら>
【警視庁災害対策課のマメ知識】「防災ボトル」に入れておきたいモノ

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS