ポータブル電源を普段使いに!災害時でも慌てないための備え

おススメの充電方法

充電には付属のソーラーパネルの活用を勧める。晴れた日にベランダなどに立て掛け、コードでつなぐ。電気代の節約になり、ちょっとした電気の自給自足気分を味わえるという。


写真説明:ソーラーパネルで充電中のポータブル電源

取扱説明書は必読

安全のため、使う前には必ず取扱説明書に目を通そう。機器の故障や劣化を防ぎ、感電や火災などの事故を起こさないよう、平らな場所や風通しの良い場所に設置したり、保管したりする。高温多湿や低温下での使用は避け、月に1回程度はバッテリー残量を確認しておく。端子部などをぬれた手で触ったり、針金などの金属類などを突っ込んだりすると危険だ。ほこりや泥などの汚れは乾いた布で拭き取るといい。

(読売新聞 2022年11月22日掲載)

<関連する記事はこちら>
災害時の「車で避難」医療ケア継続には電源確保の工夫も!

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS