「防災ニッポン」がラジオ番組「江戸川タイムズ」で紹介されました

東京・葛飾区の「かつしかFM」で放送中の番組「江戸川タイムズ」(毎月第2水曜午後3時~)で1月10日、防災ニッポンの取り組みが紹介されました。

「江戸川タイムズ」は江戸川大学(千葉県流山市)の学生たちが授業の一環としてつくっている番組です。

江戸川大学の学生たちが記事内容を実践してリポート!

この日の放送では、「令和6年能登半島地震 いま、私たちに求められる備えとは」と題し、葛飾区のみなさんに向けて、いまだからこそ知っておきたい災害への備えの知恵を、防災ニッポンのサイトから紹介しました。

「ラップで腹巻」を体験、「チョコようかん」試食

記事の内容を紹介するだけでなく、学生の皆さんが実践してリポート。寒さをしのぐための新聞紙とラップで作る「腹巻」の記事では、新聞紙を体に巻いた後、ラップを3回まくと紹介されていたところ、被災地で物資が不足することを想定し、ラップを巻くのを2回だけにしても大丈夫か、実際に試してくれました。空気を含む層を増やして暖かくするなど、独自の工夫も紹介されていました。

このほか、長期保存ができる「チョコようかん」を実際に購入して放送中に試食し、紹介してくれました。放送を担当した江戸川大学マス・コミュニケーション学科2年の北見隼人さんは「能登半島地震で防災への関心が高まっているところで、我がこととして備えることの大切さを伝えることができたと思います」と話しています。

参考

寒い時期の避難に。新聞紙やペットボトルを使って温まる方法を試しました!

https://www.bosai.yomiuri.co.jp/article/4313

無印良品から非常食が新発売!味は?使い勝手は?

https://www.bosai.yomiuri.co.jp/article/11284

 

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS